四百有余年、六文銭に込めた真田の熱き魂が残る!信州上田「上田城」

上田城は天正11年(1583)、真田昌幸によって、徳川家康の支配のもと、上杉謙信への備えてとして、南に千曲川が流れ、緩やかで深みのある天然の堀となる「尼ヶ淵」に築城された上田盆地の中央に位置する平城です。そのため「尼ヶ淵城」とも呼ばれていました。第一次、二次上田合戦で徳川の大軍を撃退した実践経験のある城は全国にも他に例はありません。

上田城の堀は素掘りで掘りあげた土をその内側へ堤状に積み上げて土塁としています。

関ヶ原の合戦後破却され、その後小諸から入封した仙石忠政によって城は再興され、近世後半には松平氏の居城となりました。

昭和24年に南櫓と北櫓を移築復元し、平成6年に城門が復元され、かつての東虎口櫓門の姿が甦りました。虎口とは、城の出入口のこと。

その門の石垣の中に「真田石」があります。真田信之が松代移封の際に父に形見として持ち去ろうとしたが、不動であったちされる伝説の直径3mの大石です。

城内には現在、真田氏ほか歴代の上田城主を祀る「真田神社」があり、「落ちない城」にあやかり受験生に人気です。

その裏手には「真田井戸」があります。本丸唯一の井戸で、直径m、深さは16.5mに達します。この井戸には抜け穴があり、城北の太郎山麓の砦や上田藩主居館に通じていたという伝説があります。

尼ヶ淵の河岸段丘上に築かれた本丸隅櫓の外壁は下見板とし、その上から軒の部分までを塗籠としています。昔の尼ヶ淵はいまは駐車場と芝生公園です。