加賀前田家百万石のシンボル。日本100名城「金沢城」

兼六園から石川橋を渡って金沢城石川門を目の前にします。金沢城の搦手門で、高麗門の一の門、櫓門の二の門、続櫓と二層二階建ての石川櫓で構成された枡形門で金沢城三御門のひとつです。

鉛瓦の屋根が白く輝く、天明8年(1788)に再建された旧金沢城の遺構です。枡形内の石垣が右と左で技法が異なり、右側が「切石積み」、左側が「粗加工石積み」です。

正面には平成13年7月に復元された二棟の三層三階の物見櫓「菱櫓」と「橋爪門続櫓を二層二階の倉庫「五十間長屋」でつないだ建築物があり、橋爪橋を渡った先に二の丸への正門として最も格式の高い門「橋爪門」があります。高麗門の一の門、石垣と二重塀で囲まれた枡形、櫓門の二の門からなり金沢城三御門のひとつで、城内最大の枡形門です。