穴太衆の手による荘厳な野面積みの石垣が残る。三重「松阪城」

伊勢神宮に至る旧参宮街道(伊勢街道)には古い街並みが残り、そして市内に残る史跡は一風変わったものばかりである。その代表格が「松坂城址」とその下に広がる「御城番屋敷」です。

「松坂城」は天正16年(1588)、後に会津90万石の大大名となる蒲生氏郷によって築かれた、周囲に堀と土居を巡らした壮大な平山城で、連結式3層5階の天守には金箔瓦が使用され、絢爛豪華な城だったと伝えられる。

2012_1208_131630-P1020807

石垣は、信長が建てた安土城と同じ形式で、しかも同じ穴太衆に作らせたものといわれ、織田信長を尊敬していた氏郷が信長イズムを継承して造ったとも言われています。眼下に広がる城下町を見渡し、氏郷への思いを馳せましょう。威風堂々たる存在感を放つ石垣は実は20km四方の神社・寺の墓石を集めて作られたもので雨に濡れると文字が浮かびあがるという全国でも珍しいものだそうです。「檸檬」で有名な梶井基次郎の短編小説「城のある町にて」をきどって松阪の街並みを見下ろしてみるとまさしく「高いとこの眺めは、アアッ(と咳をして)また格別でごわすな」である。

2012_1208_133142-P1020822

そして裏門跡と搦手門(竹御門)跡を結ぶ美しい石畳の道の両側には美しく刈り込まれた槇垣を巡らした二列十九軒の武家長屋が「御城番屋敷」であり、他の地域の武家屋敷とは異なり、見ごたえ十分である。

2012_1208_132751-P1020819

松坂は元和5年(1619)に紀州藩に属し、松坂城の警備を任務とする紀州藩士とその家族の住居として「御城番屋敷」は文久3年に建てられ、現在 1戸分を一般公開している。よく手入れされた槇垣に囲まれ、二つの甍が石畳を挟んで建つ様はまるで江戸時代にタイムスリップしたみたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です