石垣と天守のない全てが土塁で築かれた天下普請の平城。越後上越「高田城」

新潟県上越市、高田平野の中程にある小高い菩提ヶ原に、徳川家康の六男・松平忠輝の居城として、慶長19年(1614)徳川家康の命によって天下普請と呼ばれる徳川家の国家事業としてわずか4ヶ月間で建てられたのが「高田城」です。築城期間があまりにも短かったことから天守閣と石垣が造られなかった珍しい平城で、近隣の前田家ににらみを利かせ、北陸と関東を結ぶ交通の要衡に徳川一門である越後最大の雄藩にふさわしい三重櫓がシンボルです。築城の総監督・忠輝の義父、伊達正宗の下、奥羽、甲信越の外様大名13氏に命じて造らせました。

2015_1031_125838-P1090532

城は周囲を流れる4つの河川を利用して蛇行部を外堀にするなど四方に荘大な水堀を巡らし、防備を強化していて、低湿地に築かれ、攻めづらくしています。低湿地の軟弱な地盤のために石垣が合いませんでしたが、土塁の迫力はこの城の一番の魅力です。

2015_1031_125028-P1090531

春は約4000本の桜が咲く、 日本三大夜桜で有名であり、夏は外堀約19haを埋め尽くす東洋一の規模と美しさを誇る蓮の名所となる。秋の紅葉も美しい高田城です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です