百万石支配の拠点として大和大納言豊臣秀長の居城。奈良「郡山城」

大和郡山のシンボルとして親しまれる「郡山城」。かつての都、奈良に隣接し、戦国時代、軍事・政治的に重要な土地であった大和国郡山。郡山城は、天正8年(1580)に筒井順慶により築城。天正13年(1585)天下人 豊臣秀吉の 実弟にして名参謀といわれた豊臣秀長が大和・紀伊・和泉100万石の城主として入城し、100万石の居城に相応しい城へと藤堂高虎とともに大改築を行ったのである。

2014_0315_142247-P1040386

紀州根来寺の大門を城門として移築、もともと大和盆地は石材が乏しく、天守台の石垣には平城京羅城門の礎石や、社寺の石仏・墓石までもがかき集められ豪壮な石垣が築かれたのである。今も天守台の後ろで頭を逆さまに積み込まれた石造地蔵菩薩立像もそのひとつで、ほどなくして毎夜すすり泣く声がするとの噂が広まり、大和大地震により天守閣は倒壊したといわれている。天守台北面の石垣の「さかさ地蔵」伝説である。実際は天守台へ上がると思いのほか小さなスペースで、天守閣はそもそもなかったとされている。

2014_0315_143055-P1040393

この本丸跡から跡から東側は、柳沢文庫のある毘沙門郭、レトロ建築の市民会館がある法印郭が遊歩道で結ばれている。江戸時代には、水野、松平、本多と城主が替わり、享保9年(1724)以降は柳沢藩十五万石の城下町として栄え、明治時代を迎えるのである。松平忠明が伏見城の遺構を家康から与えられて再建した城の大手にある追手門(別名 梅林門)追手門守護のために設けられた追手向櫓、多聞櫓、東隅櫓が復元されていて城跡内は結構梅が咲いていて良い香りが風に乗って運ばれてきていた。

2014_0315_142329-P1040387

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です