甲州流軍学者の知恵を絞って造り上げた忠臣蔵のふるさと。播州「赤穂城」

忠臣蔵で有名な赤穂浪士たちの本拠地として名高い「赤穂城」は、大阪の陣の後、名実ともに徳川幕府の天下が決定した後に築かれた城です。正保2年に浅野長直が常陸国笠間から石高53500石で入封し、近藤三郎左衛門正純に築城設計を命じ、慶案元年(1648)から13年の歳月をかけて寛文元年(1661)に完成した城郭の綱張りは、近藤正純、山鹿素行の指導のもと甲州流軍学によるもので、本丸と二の丸は輪郭式、二の丸と三の丸の関係は梯郭式になっており、近世城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城で、赤穂のシンボルであり、「日本100名城」に選ばれているのもうなずける。天守台はあるが肝心の建物「天守」は一度も築かれませんでした。

2013_1027_112337-P1030779

東に千種川、南は瀬戸内海に面しており海を強く意識した城で、清水門の南にある船入は船が出入りできるようになっていたのである。時代的にも戦を意識して築城されたものでないのでのどかな印象が漂うのも特徴である。城郭の規模は、10の隅櫓、12の諸門があり、曲輪の延長は2847m、面積は63711㎡に及んでいる。

2013_1027_112634-P1030781

赤穂城の表玄関が大手門。門、隅櫓、土塀は昭和30年(1955)に復元したものであるが赤穂のシンボルとして旅の記念写真のベストスポットとして愛されているようである。

2013_1027_113530-P1030789

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です