十万石大名として真田の家名を残す小さな城下町信州「松代城」

永禄三年(1560)甲斐の武田信玄が越後の上杉謙信に備えて謀将山本勘助に命じて縄張りさせた平城で当時は「海津城」と呼ばれていました。 千曲川のほとりという自然の地形を巧みに取り入れ、天下の名城と言われており、元和8年(1622)以降、江戸時代には代々真田十万石松代領主の居城となり松代城と改称。明治4年のは廃藩により取り壊されていたが、昭和56年に国の史跡に指定され、平成16年に土塁・堀などの整備・復元されたのです。

2015_0807_141411-P1080782

太鼓門は本丸南側の大手(正面)に位置する門で本丸に存在した3ヵ所の櫓門の中で最大規模の門です。太鼓門の前には内堀にかかる太鼓門前橋があります。高さは11.8mのこの太鼓門(櫓門)と「橋詰門」と呼ばれる高麗門でいわゆる枡形門を構成しています。桜の名所でもあり、4月中旬ごろ見頃を向かえます。

16-04-06-15-56-44-040_photo~2

内堀より中は総石垣で囲われ千曲川の氾濫に備えられていたと考えまれます。本丸北側の搦手に位置する門が北不明門です。18世紀前半までは千曲川の河川敷に位置していたことから「水ノ手御門」とも呼ばれていました。

_20161115_214901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です