円山川から立ち上がる霧に覆われ幻想的に浮かび上がる播州朝来「竹田城」

兵庫県朝来市にある国指定史跡の日本百名城の一つである山城が「竹田城」。別名、虎がふせたようなシルエットから、「虎臥城」と呼ばれ、最近は秋から冬にかけてよく晴れた早朝にのみ見ることができる、眼下の円山川から発生する霧の包まれ、まるで雲海に浮かぶような姿から「天空の城」「日本のマチュピチュ」と称され、つとに知られるようになった山城です。

2015_0411_083554-P1060819

但馬国の要衡に位置する標高358.7Mの古城山の山頂に築かれた竹田城跡は、嘉吉3年(1443)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ、以後太田垣氏が7代にわたって城主となったが、秀吉の但馬征伐で天正8年(1580)に落城し、その後、最後の城主・赤松広秀により南北400M、東西100Mに及ぶ豪壮な石積みの城郭が整備されたと言われる。1600年関ヶ原の合戦後自刃した後も城は取り壊されることもなく、朽ちるにまかせたおかげで、石垣は今も戦国時代のままであり、安土城や姫路城の石垣を作った近江穴太衆たちの手による、自然石を巧みに配置した穴太積みの石垣は、400年を経た今でも日本屈指の石垣遺構として当時の威容を誇っています。

2015_0411_084149-P1060821

城跡に入ると、野面積みというその石積みの無骨さに圧巻される。最高所の天守台(落下事故の為侵入禁止)をほぼ中心に置く石垣城郭となり、本丸以下南方には、南二の丸、南千畳が、北方には、二の丸、三の丸、北千畳を築き、天守台の北西部には、花屋敷と称する曲輪がある。天守台の石垣に階段はなく、本丸の建物内部から通じていたようです。

4月には満開のソメイヨシノが華やかさを添え、往時の威容が偲ばれる一層幻想的な景色に出会えます。

2015_0411_084519-P1060823

但馬吉野と言われる「立雲峡」は、竹田城から円山川を挟んで東側に海抜756Mの朝来山中腹にあり、正面に竹田城の巨大な石垣が一望できる絶好のビューポイントで、観光パンフレットに載っている雲海の写真は、たいていここからの撮影である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です