ミシュラン観光版で三ツ星を獲得!戦国と泰平の二つの顔を持つ城。信州「松本城」

戦国時代末期、文禄2年(1593)に造られた「松本城」は、往時の姿をそのまま今に伝える五重六階の天守閣を持つ城としては日本最古の城であり約420年の歴史を刻んでいます。平地に建てられた珍しい平城は、石川数正・康長父子によって築かれました。黒で統一された秀吉の大阪城にならい天守を黒にしたともいわれていて、別名「からす城」とも呼ばれています。外壁の半分以上が黒漆を塗った挽き板に覆われ、朝夕、太陽が斜めから射す時には反射して輝きます。

建物は五つの棟からなり、正面にそびえる大天守、その北側に設けられた乾小天守、ふたつの天守をつなぐ渡櫓のまとまりを連結式天守といい、戦国時代の天守らしく鉄砲戦を想定して造られています。白漆喰と漆黒の下見板の外壁は人を寄せ付けない威厳を漂わせています。

一方泰平の時代になって造られた辰巳附櫓と月見櫓は優美な姿が特徴で、櫓の朱塗りの廻縁がひと際異彩を放っています。時代や様相の異なる天守、櫓、これらが一体となって独特の美しさを醸し出している城は松本城だけなのです。

威風堂々とした姿が美しい松本城の天守がお堀に映る「逆さ松本城」は風のない日だけ見ることができる幻想的な光景。時間帯によって様々な表情を見せてくれます。